So-net無料ブログ作成

浮く金魚・・・その後 [金魚]

お母さん金魚、たまちゃんが浮き出して翌日。 なんか空気飲みすぎ?で浮くなんて、アホっぽい[たらーっ(汗)]、とのんきに構えていたら、大変! たまちゃんの背中が長い時間水面から浮き出てしまっていた為に、赤く潰瘍ができてしまいました[がく~(落胆した顔)]。 仕方なく、塩浴+グリーンFリキッドを入れて、絶食。 隔離せずに、パパにも同じ水槽で付き合ってもらいます。 心静かに(?)静養してもらうために、水槽に布を被せて3日。 たまちゃんの背中の赤い潰瘍は消えてきれいに戻りました。 おまけに、餌を食べても浮かなくなってよかったよかった・・・。
本当にらんちゅうって弱っちいです。 やっぱり背びれが無いのがハンディなのよね~。 
2人の稚魚はきっと全員、パパに似て背びれつきだと思うので、良かったかな?(でも一匹くらいママにのらんちゅうっぽいのが欲しいかも)

沈む餌を食べ終わると、まだ上をパクパク探し空気を飲み込むたまちゃん。  もう浮く餌はあげないよ~だ。

ukuのコピー.jpg
浮いてたときのたまちゃん&最近の稚魚。 だいぶ金魚らしくなったでしょ? 
一緒に移っているキモイ(?)のはミジンコ軍団です。 環境が悪化したのが、耐久卵を背中に抱えて泳いでいるのがみられます。 この耐久卵は乾燥に強く、数十年~数百年もこのまま保存され、日照りにも耐えて子孫を残すようになっているそうな・・・。 恐るべき進化した生き物・・・ミジンコ。
最近、ミジンコの親子(?)も愛嬌あるな~と思えて来たママです。 やばいやばい・・・[たらーっ(汗)]
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ミジンコ導入金魚の稚魚 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます